各種法務 業務管理におけるマニュアル刷新 faqによる効率化

業務管理におけるマニュアル刷新 各種法務 faqによる効率化

Add: ymiqokem83 - Date: 2020-12-10 09:58:51 - Views: 1746 - Clicks: 3028
/47-b994a5c55e2 /3188060 /0c481f7601-17 /44a791e6214f

公開鍵暗号を利用した電子認証18は既に確立した技術であり、暗証番号による認証よりもセキュリティレベルが高いとされているが、顧客にとって使い勝手の悪さ等もあって、現時点ではインターネット・バンキングなどにおける顧客認証手段として必ずしも普及していない19。もっとも、秘密鍵や電子認証書を格納したICカードの価格が下がり一般的な決済手段として利用可能となれば、金融機関が公開鍵暗号を利用し易くなると考えられる。 このほかにも「誰が、いつ、どんなデータを作成し送付したか」を第三者が証明する「電子公証」の技術である「デジタルタイムスタンプ」や、身体的な特徴(指紋、網膜、筆跡、声紋等)を利用した「バイオメトリック認証」など、新たな認証技術が進歩しつつある20。将来、技術の進歩やその普及に伴い導入の条件が整った場合、あるいは取引限度額の引き上げなどによりリスクが増大した場合等には、必要に応じて、新技術を積極的に採用していくことが適当である。 オープンシステムを構築するハード・ソフトの技術進歩はテンポが速く、情報セキュリティ上の弱点(セキュリティホール)が数多く生じているうえ、それを放置しておくと. 戦略に基づき,「電子行政分野におけるオープンな利用環境整備に向けたアクションプラン」 5) 各種法務 業務管理におけるマニュアル刷新 faqによる効率化 が年4月25日に各府省情報化統括責任者(cio)連絡会議で決定され,文字情報基盤の導入は,用語共通化,各種コード共通化とともに. 以上述べてきたとおり、これからの金融機関は、IT革新のメリットを十分に享受して経営発展の梃子として行くためにも、情報セキュリティの重要性を十分に認識し的確な対応策を取る必要がある。 もとより、求められるリスク管理の内容と水準は、各金融機関のシステムの構成や業務内容により大きく異なるほか、技術革新等の変化が激しいため、「こうすれば大丈夫」といった一律の考え方は存在しない。各金融機関においては、国際機関や標準化団体等が公表している各種のガイドライン類なども参照しながら、常に自らの対応を見直し続けて行く必要があろう。 日本銀行としては、各金融機関におけるそうした取り組みを積極的にサポートして行くとともに、個別金融機関のリスク管理の観点から、金融機関における情報セキュリティリスクの管理状況についてフォローして行く方針である。先に発表した「平成12年度の考査の実施方針等について」で触れたように、情報セキュリティ面に重点を置いたターゲット考査の実施も含めて、今後とも金融機関の実情把握と所要の施策の実行を促して行きたい25。 1. システムへの情報の入力・登録 2. . 処理件数と処理時間を中心 削減方法を、処理時間の長い に業務量の調査及び分析を 業務については効率化の方法 実施し、処理件数の多い業 を検討する。.

連絡(情報の共有、調整) 頭の中で、判断や企画・検討、会話による調整等もしますが、いわゆる動作として非常に単純化してしまうと、これらにまとめることができます。共通していることは「PCもしくは紙で何らかの情報を扱う」という点です。製造業などブルーカラーの仕事では、「モノ」を取扱い動作とその製造工程に本質がありますが、ホワイトカラーの仕事で扱うものは「情報」です。業務フローで「動作」を書きならべても、取り扱う「情報」の中身が分からなければ課題・改善ポイントが見えてこないのです。「入力する」といった動作の可視化ではなく「〇〇データ」の可視化をすることで、はじめて改善検討に意味のある可視化がスタートします。さらに、モノの製造工程では、工程の順序によってコスト・品質に大きな違いが出ますが、ホワイトカラーの情報を扱う業務では、加工の工程が重要なのではありません。あくまで初期状態に対する最終状態のデータが重要です。ここでいう手順はそれにたどり着くための既知のステップにすぎません。「動作」にしばられてしまうと、本来把握すべき初期状態と最終状態のデータの関連性が見えなくなってしまうのです。. 情報セキュリティポリシーが定まると、個別システムに求められるセキュリティ水準や具体的なセキュリティ対策の内容も自ずと決まってくる。クローズドシステムの場合には、主要な機器を電算センター内に囲い込むことによって、リスクをシステム部門、とりわけ運用部署に隔離することが可能であった。これに対し、インターネットに代表されるオープンシステムが主要な業務に活用される場合には、必要な情報セキュリティレベルを確保するため、図表4のような様々なセキュリティ技術が必要となってくる。 (図表4)オープンシステムにおける情報セキュリティ対策例 もっとも、こうしたセキュリティ技術は、今のところコスト面や普及度の制約から、利用者にとって必ずしも使い易いものばかりでない。したがって、各金融機関においては、情報およびシステムの重要性等に応じて許容できる情報セキュリティリスクの大きさを判断し、コスト面も睨みながら、各種の技術を適切に組み合わせることにより、総合的な対応を図っていく必要がある17。 1. . ITツールの導入も業務効率化には効果的です。書類の作成方法や管理方法などにITツールを導入するだけで、大幅な業務効率化に繋がるケースは少なくありません。本来必要な作業時間が短くなることで生産性が向上することはもちろん、紙や印刷代などのコスト削減にもつながります。 今回紹介した手順書作成にもITツールの導入は効果的です。例えば、クラウド型のプラットフォームを使えば簡単にシンプルで分かりやすい手順書を作成できます。作業に更新があった場合も手軽に改訂してスピーディーに共有できたりと、作業の手間や費用も削減できますので、ぜひ検討してみてください。. 受領/送付(情報の受け渡し) 5. 工務店の業務効率化をするためには、お客さんの情報管理に加え、日々の現場での進捗管理の共有が大事になってくるのではないでしょうか。 今回の記事では、現場の情報共有を効率化するためのオススメのクラウドツールをご紹介させていただきます。. ここまでは、文書作成の作成のポイントについて書きましたが、実用までの流れをおさえておくことも大切です。一連の流れを理解しておくことで、スムーズに作成を進められます。 ここからは業務生産性をより高めるために、手順書にフォーカスし、作成から運用までの流れを確認していきます。ステップごとに大切なポイントも解説していますので、ぜひ確認してみてください。.

オンデマンド動画配信. システム内画面情報とのチェック・照合(Excelとの連携が前提) RPA化する対象となる情報のInputとOutputは以下のパターンです。 RPAを活用する対象業務の選定にあたっては、Input/Outputフォーマットが「何であるか」が、またそれが「定型であるか」(ロボが読めるか)が重要です。特に「Inputが紙かどうか」はRPA適用アセスメントにおいて、適用可否を判断する分かりやすい“ふるい”となります。 「情報の関連性の可視化」ができている業務フローを作成しRPA適用アセスメントを進めることで「RPA適用可能プロセス」の発見や、RPA適用に必要な「情報の電子化・定型化等の改善ポイント」などの検討をスムーズに進めることができます。 このように、RPAを含む各種施策による改善を検討する際に、可視化を実施する目的は 1. 手順書作成の目的の一つは、業務を効率化し生産性を上げることでしょう。当然ながら、生産性を上げる方法は手順書作成だけではありません。手順書作成と同時に、他の業務効率化を行うことも生産性の向上につながります。 そこで、業務効率化の具体的な方法やテクニックを紹介していきます。すぐに実践できるものもありますので、チェックしてみてください。. また、業務上におけるミスも軽減され、ミスへの対処の時間も減少します。 業務の効率化とミス軽減の2つの要素により、業務にかかる工数を大きく削減できます。 作業品質を均一化.

経理業務を効率化できるクラウドツール10選! 年11月25日; 年10月22日; 経理, 職種別おすすめツール. 金融機関の各種業務処理にオープンシステムが導入され始めたことを契機に、組織内の様々な部署が情報セキュリティ対策への取り組みを迫られるケースが増えている。こうした状況の下で、組織全体が足並みを揃え効果的に対策を進めていくためには、まず、その方針や具体的な内容を明文化し、組織全体に周知・徹底することが求められる。 従来、我が国の金融機関でも、情報セキュリティに関する対策がなかった訳ではないが、あくまで個別システム毎に講じられていた例が多く、全システムを対象とする横断的な対応は、欧米金融機関に比べて遅れていたように見受けられる。この点、オープンシステムの利用の拡大は、組織全体にかかる情報セキュリティリスクの的確な把握や、適切な対応策の策定・実施に向けての方針および基準の整備を迫っていると言っても過言ではない。. 1 スクール運営における効率化すべき管理業務. 近年、情報通信技術(IT1)は急速な発達を遂げており、金融界においても、インターネットに代表されるオープンなネットワークを利用したシステム(以下「オープンシステム2」という)を利用する動きが活発になってきている。 従来、金融機関が採用してきたシステムは、ネットワークに接続できる利用者を限定したもの(以下「クローズドシステム」という)が多く、それに対するセキュリティ対策としては、システムにかかわる内部者による不正行為の防止等に力点が置かれてきた。 こうした中にあって、オープンシステムの活用は、一方で利便性の高い金融サービスの提供を可能とすると同時に、リスクの多様化や複雑化をもたらしている。すなわち、クローズドシステムの下でも内在していたリスクの中で、システム障害や内部不正行為などはクローズド、オープンを問わず共通するほか、顧客への成りすましやネットワークを流れる情報の盗取・改竄等といったリスクはオープン化に伴い格段に高まってきている。加えて外部からの不正侵入、業務妨害といったオープンシステムに固有の新たなリスクも出現しつつある(本稿では、こうしたオープンシステムの活用に伴うリスクを一括し「情報セキュリティ3リスク」と呼ぶ)。 このように多様化、複雑化しつつある情報セキュリティリスクを金融機関が適切に管理していくためには、他のリスク管理と同様に、まず、リスクを正確に把握したうえで必要な対策を確立し、それを着実に実践していくことが必須の課題となる4。 本稿は、自らのシステム運行に関する経験に加え、情報セキュリティに関する調査・研究、内外関係機関との対話や考査等を通じて日本銀行が蓄積したノウハウに基づき、金融機関が情報セキュリティリスクを管理するうえでの要点を整理したものである5。また、別添の「インターネット利用システムにおける情報セキュリティ対策のチェックポイント」は、インターネットを利用した個別システムにおける情報セキュリティ対策をチェックするうえでの主な項目を示したものである。本稿とあわせて、各金融機関が情報セキュリティ対策を策定、運用する際の一助となることを期待している。 1. 1 ①生徒管理; 1.

シェアードサービスは、システム共通化・プロセス標準化によってコスト削減を進め、子会社として独立する場合は、社外へのサービス提供先を増やし、プロフィットセンターとして機能するのが目標となります。 シェアードサービスを開始するには、まず、プロセス・組織・システムを整備する必要があります。インフラを整備してからサービス提供先を拡充すれば、業務が滞りなく進んでいくからです。 サービス提供先を拡充するには、受託業務を積極的に獲得する姿勢が求められます。規模の経済を享受するためには、多くの案件が必須となるからです。また、本社の一部門ではなく、子会社化されれば独立採算となり、財務諸表も本社とは別に作成し、その業績が個別に評価されるようになります。営業部門を持たないシェアードサービスには大きな挑戦なので、本社側と協力して案件獲得を目指します。 プロセス・組織・システムを整備する前に、多くのサービス提供先が獲得できてしまったケースでは、非効率な作業を繰り返してしまうことになります。案件獲得における営業力の高さや、グループ企業としてのブランドに期待がかかっている表れでもあるので、インフラさえ整備できれば、シェアードサービスによる収益化が見込めます。. 社内問い合わせ対応の自動化ツールとして、多くの企業でチャットボットの導入が進んでいます。なぜチャットボットを導入するのか、導入によってどのようなメリットが得られるのか。各企業の導入事例から解説するとともに、チャットボットの導入費用や、導入時に検討すべきポイントを. RPAが改善施策の大きな選択肢となりつつある中、RPAを含めた各種適切な施策(RPA・システム改修・ルール見直し・組織再編・プロセス変更等)を検討し、改善・効率化により業務変革をする際に必要となる可視化の手法についてご紹介しました。 例えば、主たる目的・課題が、システム改修なのか、属人化業務の標準化なのか等によって可視化方法は異なります。今回は一例ですが、課題が見える業務フローにより、自ら気づき改善に取り組めることで、「課題の発見」「施策の検討」「改善の実行」の改善サイクルを回すことができます。「情報の関連性の可視化」で、より効果の高い改善活動に取り組んでみてください。. 社内ルールは業務の効率化などにも貢献しますが、多ければ多いほどいいものではなく、明確な目的を持って社内ルールを設けることが大切です。社内ルールの作り方とは、何に注意してルールを設けるかを明確にすることです。新しく社内ルールを設ける場合、既存の社内ルールを見直す場合.

シェアードサービスは、主にバックオフィスの業務について、共通業務を集約させる企業変革の手法です。グループ内の複数企業に散在している、あるいは、一つの企業の中でも複数部門に重複した間接業務が対象になります。具体的には、財務・経理、総務・人事、情報システム、物流、法務、監査などを独立した組織に集約する取り組みです。 シェアードサービスを導入する目的としては、コスト削減、専門知識の活用、柔軟な人材確保等が挙げられます。定型化された業務を一か所でまとめるため、規模の経済が働くと同時に、ノウハウを蓄積して効率化を目指します。 設立したグループ会社に間接業務を委託するシェアードサービスに対し、外部の委託業者を使う場合はBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)と呼ばれます。近年は法務や情報システム・人事に加え、物流やマーケティングなどもBPOの対象となりました。該当部門を移管、または売却するケースもあり、オフィス賃料等のコストも削減可能です。 BPO事業者は、該当業務に対して高いスキルを有しているため、品質向上が期待されます。また、国内に限らず、日本語が話せる人材を確保しやすい海外拠点を活用することで人件費を低減し、低価格で高品質なサービスを提供する事業者もあります。 BPOを採用する場合、自社の中核となる業務とは離れたプロセスを対象とするべきです。シェアードサービスとBPOは、それぞれを併用し、業務によって使い分ける戦略も考えられます。. 業務管理におけるマニュアル刷新 確認・チェック・照合(情報を見る/収集する) 2. における業務面の目 標、計画を踏まえた 効率化の検討 (業務の効率化に向 けた)改善案の設定. シェアードサービスは、業務の可視化・最適化によって、業務プロセスを効率的なものにします。経理・財務・人事・情報システム・購買といった様々な領域で、間接業務を集約し、コスト削減を目指す経営手法です。 大規模な組織変更は避け、本社の一部門としてシェアードサービスを設立する方法と、子会社として独立させ収益化を目指す方法が見られます。いずれの場合でも、従業員の工数管理を通じて、業務の「見える化」を推進したプロセス改革が必要です。 そのため、プロジェクト管理・工数管理のツールが、シェアードサービスの円滑な導入・運用に対して効果を発揮することが期待されています。. 年11月12日(木)~30日(月) ※開催初日の10:00 から最終日17:00 まで.

会社法、医療情報システムの安全管理に関するガイドライン、文部科学省の指導要録、建築確認申請の電子化ガイドライン、建築設計業務における設計図書の電磁的記録による作成と保存のガイドライン、特許庁先使用権のガイドライン、jiima電子契約活用. る。相談対応をマニュアル化することで業務の効率化・均質化を、faq を更新することで 相談者に提供する情報の充実を図り、団体として相談業務を受ける態勢を確立することが できる。. See full list on lt-s. ebase製品企画開発支援システムは、製品の企画開発に携わる企画・設計、開発、法務関連、品質管理等、様々な部門の課題解決、業務支援を目的とした各種オプション群で構成され、顧客要望により. etc)の関連性を記載することで、その情報はどこから来たのか、何に使われているのか、別の方法・ルートがあるのか等が検討しやすくなり、課題が浮き彫りになります。結果として、それぞれ以下のような改善施策が見えてきます。 よい業務フローは、フローを書いた時点で「課題が見える、解決策が想起できる」のです。. See full list on biz. コロナ禍により様々なものが変わろうとしています。人の働き方やビジネスプロセス、ビジネスモデル、そして多様なステークホルダーにどのような共通価値を提供するか。 今、ニューノーマルの時代に向けて、想像力を.

操作マニュアルの修正及びfaq更新に活用した。 ② 各府省等が保有する入札・開札業務データの電子調達システムへの移行 各種法務 業務管理におけるマニュアル刷新 faqによる効率化 (最適化の実施内容). 1 チームの情報を最も簡単に残せるツール; 3 各種法務 業務管理におけるマニュアル刷新 faqによる効率化 スクール運営のための支援ツール. システムやWebからの情報取得、出力(定型フォーマットへ転記・メール・印刷) 3. 企業のit の利活用は、業務の効率化による企業の収益性向上だけでなく、グロ ーバルな競争をする上で根幹をなす企業として必須の条件となっている。さらに、 iot といった新たな価値を生み出す技術が普及しつつある中で、ai やビッグデー. See full list on innopm. 我が国の金融機関では、経営環境が急速に変化する中で、顧客に利便性の高い金融サービスを迅速かつ安価に提供することが経営上の重要課題であるとの認識を強めており、こうした目標を実現する有力な手段として、近年発達の著しいITの活用を進めてきている6。 特に、インターネットに代表されるオープンシステム分野では、画期的な技術革新を背景に、従来のシステムに比べて格段に低コスト、短期間でシステムを構築し、広範囲の顧客にサービスを提供することが可能となってきている。金融界でも、顧客基盤の確立等の経営課題に迅速に対応していくことを強く意識し、その手段としてインターネットを利用する動きが広がっている7。.

また、動作・手順を可視化したフローで見えにくくなってしまうのが、以下のようなケースです。たとえば、同じ「システム入力」という動作であっても、課題は様々です。 こういった点こそが見出したい「課題」です。しかし、動作順序の可視化では、見え難いか、かなり細かい粒度まで動作を書かないと見えてきません。 一方で、情報の関連性を表現した可視化の場合、様々な情報(Excel等のデータ、システムデータ、Web等から取得する情報、紙の帳票. 25因みに、欧米の中央銀行等でも情報セキュリティに関するチェックポイントを公表するとともに、ITに重点をおいた検査を行っている事例が見受けられる。 以上 (別添). 一方で、シェアードサービスのデメリットとしては、標準化やデータ統合に対する初期投資の高さがあります。ERP(統合基幹業務)や経理・財務・人事のシステムを各部門・各グループ会社で異なるものを使用していた場合、IDやコード、業務ルールがそれぞれ定義されており、これらを統合して一元管理する必要があるため、大掛かりなプロジェクトへ発展してしまいます。 また、運用が始まった後も、業務の進捗状況が見えにくくなるため、コミュニケーション上の問題が懸念されます。 間接業務のノウハウがシェアードサービスに蓄積できるのは利点ですが、全てを移管するのではなく、部分的には社内で維持した方が良い場合もあります。例えば、情報システムはユーザー部門が主導して導入するケースもありますが、シェアードサービスに集約されてしまうと、手続きが煩雑になるでしょう。 配属された従業員のキャリアパスが描きにくい点も、シェアードサービスを導入する際の懸念点として指摘されています。定型的な作業を繰り返す仕事に陥りがちで、どのようなスキルを身に着けて、業務の幅を広げていくのかが明確にならず、優秀な人材を維持できないリスクがあります。. シェアードサービス化においては、業務の標準化・最適化が必須です。業務プロセスに対する取り組みを評価するには、従業員が何の仕事にどのくらいの時間を費やしているかを把握する必要があります。稼働状況が分かれば、作業負荷が集まっている組織・メンバーや、無駄が発生している時間を特定できるようになるからです。 シェアードサービスの対象となりやすい反復的な作業も、何件の作業にどのくらいの時間かを計測できれば、業務プロセスの見直し効果を定量的に評価できるようになるでしょう。 直接部門から見ると、シェアードサービスを担当する間接部門における仕事の進捗状況が分かりにくいという問題がありました。工数管理が機能すれば、何のタスクがどこまで進んでおり、いつまでに終わる見込みが理解できるというメリットがあります。また、タスクの依存関係が分かれば、後続の作業を阻害している要因が分析できるので、作業を遂行する上での問題を解決可能です。 本社の一部門としてシェアードサービスが機能する場合、工数管理のシステムを共有し、互いの進捗状況を「見える化」しておけば、社内のコミュニケーションを円滑にできます。. 3 ③保護者対応管理; 2 スクール運営を効率化するツール10選. 出力(情報を帳票等で出力、集計/特定データの作成、企画書の作成) 4. 各種法務 承認(情報の確定) 6. 2 ②スタッフ管理; 1.

RPAへの適性が低い箇所を早期に選択肢から外すこと(紙・口頭・手渡し等) (⇒デジタル化等、他の施策を早期に検討するため) 2. 業務プロセスの標準化、属人的業務排除による業務継続性の確保など、erp活用による効率的な業務改善を実現します。 経営の意思決定を的確に支援 非会計情報も含め、部門業績評価を始めとするさまざまな角度・視点からの管理会計や予算統制. アビームコンサルティングの調査「日本型シェアードサービスの成功要因(※)」では、シェアードサービス化の成否を左右する要素として、業務プロセスに対する取り組みが挙げられました。具体的には、「業務プロセスの標準化」、「シェアードサービス利用会社に対する BPR (ビジネスプロセスリエンジニアリング)の実施」、「業務プロセスの文書化(業務フロー・マニュアル等)」の3点を指摘しています。 シェアードサービスの効果を得るには業務の標準化が必須の要件となるため、既存の業務プロセスを見直すBPRが求められるのも頷けます。異なるグループ企業から集まった人員が共通認識を持つよう、文書として残さなければ、標準化・BPOも意味をなしません。 com/jp/ja/topics/insights/RR065 各種コードを統一化した上でシステムを共通化する、あるいは、共通化できない場合でも連携できるようにするといった取り組みが求められます。個別のカスタマイズは極力避け、ベストプラクティスに合わせ、業務を合わせていく戦略を取ることで、システムの導入・維持コストの低下につなげます。 近年は、「所有から利用」へ向かう流れを受けて、クラウド上で展開されるサービスを導入するケースも増えており、ベストプラクティスを考慮したプロセスが簡単に使えるようになりました。 シェアードサービスを導入すると、直接業務を担当する部署からは、間接業務を担当する部署の作業状況が見えにくくなりがちです。また、シェアードサービス側から見ても、仕事の全体像が分かりにくく、作業の優先度を理解したり、モチベーションを高めたりするのが困難になるケースがあります。 従業員や組織のコミュニケーションを円滑にするプロセスやシステムを導入した企業は、シェアードサービスによる効果を得やすい傾向にあります。. 入力(情報をシステム等に入力/帳票等の紙に記入) 3. 「Teachme Biz」は画像・動画・テキストを駆使することで、より分かりやすく、より業務効率化を図ることを可能にしたビジュアルSOPプラットフォームです。 先述の通りSOP(Standard 各種法務 業務管理におけるマニュアル刷新 faqによる効率化 Operating Procedures)とは、具体的な作業や手順を作業ごとに順序立てて説明したものです。ビジュアルSOPプラットフォームを用いることで、テキストだけでなく画像や動画を効果的に使った「誰でも簡単に内容を理解できる手順書」を作成することができます。 また、クラウドでデータが同期されているため、改訂時もすぐに内容を更新でき、即座に現場へ伝えることができます。 「Teachme Biz」を運営するスタディストは、「伝えることを、もっと簡単に」をモットーに掲げています。そのため「Teachme faqによる効率化 Biz」も、手順の共有・管理をシンプルにすることで誰でも簡単に使うことができるツールになっています。 手順書作成ではシンプルであること、わかりやすいことが非常に重要です。 手順書作成にお悩みの方、業務効率化を図りたい方はぜひ一度「Teachme Biz」にご連絡ください。 無料体験デモを行うことができるので、Teachme Bizがあるとどのように業務を効率化することができるのかを実体験していただくこともできます。 最新資料ダウンロード. 母体副腎腫瘍による胎児の男性化のメカニズムを解明―ヒト胎児の体内で作用する新たな男性ホルモンの同定― 令和2年12月3日 膵がんの「ゲノム医療」に貢献―日本人での原因遺伝子・発症リスク・臨床的特徴の大規模解析―. IT(Information Technology)とは、コンピューターやネットワークに関する情報通信技術全般をいう。 2.

各種法務 業務管理におけるマニュアル刷新 faqによる効率化

email: bigiryh@gmail.com - phone:(926) 807-7836 x 1832

Veritas system recovery 18 マニュアル - Geze manual

-> Irig pro i o マニュアル
-> 日本歯科医学会 口腔機能発達評価マニュアル

各種法務 業務管理におけるマニュアル刷新 faqによる効率化 - マニュアル


Sitemap 1

Sew eurodrive movitrac manual - マニュアル