Bcp 訓練 マニュアル

マニュアル

Add: reqage68 - Date: 2020-11-24 03:32:12 - Views: 443 - Clicks: 3530
/111-991434b39 /232401/96 /253560 /9812383

優先的なものからの作成を心がける bcp 訓練 マニュアル 3. 3.訓練計画 bcpが有事の際に円滑に発動・遂行されるための訓練計画を立てます。定期的な訓練の実施や対象者などを定めましょう。 4.更新計画 指揮命令系統や取引先の変更などに伴って計画を更新しなければなりません。. シナリオは、防災訓練を円滑に行うためのみならず、参加者が訓練に臨む際の士気、訓練後の達成感にも大きく関わります。ここでは、より効果的なシナリオ作成に役立つと思われるポイントを紹介していきます。 シナリオ作成では、まず想定される被害状況の設定から始めます。 たとえば、災害を地震とするなら、発生の日時、場所、規模を設定した上で、社内の被害状況や公共交通機関、ガス・電気・水道など会社外の状況も設定します。被害状況の設定ができたら、次の3つの要素をシナリオに盛り込みます。 (1)発生している事象の状況。 (2)(1)にともなう想定される被害状況。 (3)訓練参加者に期待する対応。 この3つの要素から訓練の大まかな流れを下書きし、具体的に細部にわたる内容を肉付けするやり方が効率的です。また、訓練を通じて「誰に何を学んでもらうか」を明確にすることもシナリオ作成上で大切です。訓練のテーマから逸れずにシナリオを構築するためです。 たとえば、訓練のテーマが「BCPを理解してもらう」であれば、参加者がBCPで決められたことをきちんとできているかを確認できるシナリオが求められます。上記(3)の訓練参加者に期待する対応は、BCPで決められた事項に限定されます。 訓練のテーマが「BCPが機能しているか検証する」であれば、参加者が必ずしもBCPで決められたことにこだわらない対応を促すシナリオでなければなりません。(3)での対応は限定せず、参加者が選んだ対応の根拠とそのプロセスを考えてもらえるようにします。 シナリオの内容が明確ではないと参加者は混乱しますし、訓練の目的が達成できなくなってしまうので、とことん掘り下げましょう。 現実的なストーリー作りも重要です。設定や展開が突拍子もなかったり、リアリティーを欠いたりしていると、参加者は訓練に入り込めなくなってしまいます。状況設定と被害状況には、実践的で最悪の事態を想定すると、より臨場感ある訓練の実施が可能になります。ただし、複雑過ぎると理解されにくくなりますからバランスが必要です。 自社に被災経験があればそのときのことを反映させたり、過去の災害事例を調べたり、国や自治体が公表している情報を取り入れたりするのも、シナリオにリアリティーを持たせる方法です。また、BCPに関する訓練では、関連会社や取引先とのやり取りをシナリオに盛り込まなければなら. 災害対策本部BCP マニュアル_150713_01. 復旧手順書作成、各チェックリスト作成、個別マニュアル作成 ④テスト訓練の実施. bcp 訓練 マニュアル 策定したBCPの確認及び改善」を意識し、より精度の高い、成熟したBCPを目指していきましょう。 では、ここからは机上訓練の具体的な手順について説明していきます。. 災害への意識の醸成 時間をとって訓練をおこなうことで、訓練対象者の防災意識を醸成していきます。とくに机上訓練では、「1.

☑ 給水、供電などのライフラインや給食等設備に支障がないか点検 15. 策定したBCPの確認及び改善 実際にシミュレーションをしていくなかで、BCPがどのように現場で機能するか確認。また、想定しきれていなかった抜けや漏れを訓練後のフィードバックで確認し、改善へとつなげていきます。 2. テストを行い、気付き事項や不明点等を記録する ③課題洗い出し(Check). See full list on saigai-info. たbcpを日常的に運用(教育訓練や計画の見直し)していくことを支援させていただくための ものです。 1 本指針は第2版(平成24年4月改訂)であり、必要に応じ適宜改訂していく予定です。. bcp 訓練 マニュアル せっかく作成したbcpも機能しなければ意味がありません。 bcpを機能させるためには以下の4つのポイントを押さえることが重要です。 ①緊急時連絡網 ②bcp対応マニュアル ③bcpの日常化 ④bcp訓練・当事者意識 災害対策マニュアルに従って運用を行われる病院の訓練を、複数個所で見て分かったことは、以下の3つができていないということでした。 それは、.

BCPとは、Business Continuity Planの略称であり、一般に「事業継続計画」と呼ばれるものです。BCPは下記のサイクルに従い策定します。 ①非常時体制の構築 有事の際に自発的に動ける基準が必要になります。これが基本方針です。 基本方針の下、速やかに対策本部が立ち上がるように予め非常時の体制を決めておきます。 そのためには、予め被害を想定し、安否確認等が速やかに対応できるように仕組みを定めておきます。 ②重要業務の選定 BCPが発動されて暫定対応になると、まずは重要業務を復旧させることが大命題になります。発動されて速やかに重要業務を復旧させるためにも、重要業務を予め定めておく必要があります。 重要業務は、様々な影響度等を踏まえて、ビジネスへのインパクト分析により決定します。 ③手順書の作成 復旧の手順書を作成しておきます。 初動対応手順書や暫定対応手順書といった個別マニュアルを作成し、緊急連絡先や重要取引先、被害状況一覧といったチェックリストを予め用意しておきます。 ④テスト訓練の実施 最後にBCPが有効に機能するかどうかテストしておく必要があります。 テスト計画を策定して、実際にテストを実行し、そこで出た気付き事項や不明点等を取り纏め、課題を洗い出します。. BCP対策マニュアルを作成するうえで、覚えておきたい4つのポイントは以下の通りです。 1. ここでいう手順書とは、事業を復旧・継続させるための行動マニュアルになります。 有事が発生し、BCPが発令されると ①初動対応、②暫定対応、③本格復旧 の順で対応していくことになります。 このため、発災後の初動対応と暫定対応の手順等を文書化しておく必要があります。 ①初動対応手順書の作成 災害が発生した後、直ちに行われるのが「初動対応」です。 人命保護を最大の目的に、発災後数時間から数日間の対応の手順を明文化します。 具体的には、震災直後の従業員の行動、安否確認、2次災害の防止、被害状況の確認、BCP体制への移行等について手順を記載し、「初動対応手順書」としてまとめておきます。 ②暫定対応手順書の作成 有事が発生した後、目標レベルまで業務を回復させることが「暫定対応」です。 BCP策定サイクルでは、予め重要業務を選定しておきます。 予め選定したおいた重要業務に対して、必要な経営リソース(人、設備、IT等)を洗い出し、経営リソースが不足する可能性に備えて代替手段を決定します。 代替手段による重要業務継続の手順等を記載しておくのが、「暫定対応手順書」になります。 ③下位文書の作成(各種ツール類の作成) 非常時に人命救助や事業継続を効率的に進めるため、初動対応手順書及び暫定復旧手順書の下位文書(ツール類)を作成しておくことがあります。 ”下位文書”の例としては、「緊急連絡リスト」、「重要取引先リスト」、「被害状況チェックリスト」等があります。. ☑ ガラスの破片や棚の転倒状況を確認して、安全な避難経路を確保 6.

BCPを導入する際に実際に「作るもの」は様々ですが、最も重要なものは実際に災害などが発生した際に用いる「非常時対応マニュアル」です。さらにこのマニュアルを維持するために、「事前分析」と「保守運用」の資料をまとめて更新していきます。 「初動対応計画」は、自然災害や事故などの発生が確認された直後に行う活動で、被害を最小にとどめるための防災対策と、その後の仮復旧へつなげていくための準備作業に大別します。前者としては、発災直後の応急救護、救助活動、消火活動など、主に業務時間中に自然災害が発生した場合の対応をまとめます。後者としては、安否確認、緊急連絡、情報収集、被害状況の確認、対策本部設置判断などを行うための手順をまとめておきます。 初動対応が落ち着いた次の段階で必要になるものが、「仮復旧計画」です。具体的には、代替設備や非常用電源の準備、バックアップシステムの立上げ、業務委託先や仕入れ先の一時的な切り替え対応、主担当者以外による業務継続のための引き継ぎなどになります。本格的に復旧に先立ち、業務を仮に再開させるために必要な資材・設備・手順書などを事前計画としてまとめておくものです。 本格復旧計画は、仮復旧により暫定的な対応を行っていた各種の業務、また代替品を用いていた設備などを平常時の状態に戻していくための準備です。この段階というのは、初動対応や仮復旧対応のように一分一秒を争う状況ではありませんので、読むだけで対応できる精度のマニュアルを作成する必要はありません。設備を購入した際の納品書、サービス導入時の契約書などをまとめておき、参照できるようにしておきます。 また非常時にBCPを活用するためには日々のメンテナンスが欠かせないため、例えば緊急連絡先や安否確認用リストの更新、防災備蓄用品の入れ替え、避難訓練の実施や非常時対応マニュアルを用いた事前演習などを継続実施する必要があります。これら平時から行うBCPの保守・運用活動の全般は、BCPの上位概念であるBCM(Business Continuity Management)と呼ばれることもあり、BCPを構成する重要な要素として実施されます。. 日本には30年以内に来ると言われているいくつかの地震があります。それは甚大な被害をもたらすとされ日頃からの備えを国も呼びかけています。ではまず30年以内に起こるであろうとされる地震を紹介しましょう。 特に懸念されている地震が”南海トラフ地震”と”首都直下地震”になります。特に南海トラフ地震は範囲が広く東海エリアから近畿、四国辺りまで被害が及ぶと予想されております。 自分の地域は懸念エリアから外れているから大丈夫、と思った方はいませんか?去年起こった熊本地震、あれは30年以内に1%未満※1という低い確率の地震だったのです。そう日本には地震が発生するであろう活断層が約もあり、いつ大きな地震が襲ってくるのか分かりません。 さて、そんな日本で介護施設を運営するために必要なのは、地震が起こる前の備えです。詳しく見ていきましょう。. 防災備蓄品 ワンストップサービス 2.

☑ bcp 訓練 マニュアル 医療機器を利用している入居者等のために電源確保 10. 通常、防災訓練の準備段階で、訓練のテーマ(目的)、災害の種類と規模、被害状況が設定されます。 訓練のテーマ(目的)とは、たとえば「災害時の対応を学ばせる」「マニュアルやBCPを理解させる」「マニュアルやBCPを検証する」などが挙げられます。準備段階では、ほかにも訓練の形式(机上訓練、ロールプレイング訓練、実動訓練)や参加者、タイムスケジュールなども決めます。 仮に、通常業務を中断して1時間の全従業員参加による避難訓練を計画したとします。テーマは「災害時の対応を学ばせる」とし、災害の種類と規模、被害状況を「勤務時間中にM6程度の地震が発生して社内でも大きな揺れがあり、各所で物が散乱するなどしている」と設定したとします。 この避難訓練の計画を実施するために必要となるのがシナリオです。 シナリオには、設定に基づいて時系列に沿って発生した事象と具体的な被害状況を想定し、訓練の参加者が取るべき対応、あるいは取ってもらいたい対応を盛り込みます。 上記の避難訓練を例にすると、まずは、参加者に向けた館内放送が挙げられます。シナリオには「各自、安全な場所で待機してください」「指示があるまで落ち着いて行動してください」など館内放送の現実的な内容も含めます。これに、考えられうる参加者の対応を記載します。各部所の防災担当者が従業員を一カ所に集めるか、来客と応接スペースにいた社員はどうするか、自席で業務中だった社員はどう対応するかといったことです。 次に、地震の規模や被害に関する情報を確認し、怪我人の有無など社内の被害状況、避難経路の確保などを想定し、これらについての対応を記載します。このようにして、予測される出来事とそれに対する活動項目、担当者などを詳細に書き込むことで、防災訓練を実行可能にするのがシナリオの役割です。また、実際の訓練では時間制限があるため(上記の例では通常業務を中断した1時間)、それぞれの項目の時間配分もシナリオに書き添え、訓練の進行を管理します。 参考:内閣府 防災担当 「企業の事業継続訓練」の考え方 高知県 机上型事業継続訓練マニュアル. 介護施設を守るbcpの推進【火事後の対応】 実際に火事が起こってしまったらどうすればいいのか、冷静に対処するための行動手順とマニュアル的なチェックリストをご紹介します。 ※3. 同社は遠州灘から2km、海抜3mに位置していることもあり、以前から防災マニュアルを作成し防災訓練等を実施していた。 平成23年3月11日の東日本大震災を目の当たりにして、お客様や従業員の安全・安心を考え、BCP策定の必要性を強く感じた。. 2 bcp訓練を実施する (1) このステップの目的 緊急事態 発生時に bcp が有効に活用されるためには、ただ bcp を策定しただけでは不十分であり、日頃からの従業員への bcp 教育と併せて、定期的な訓練の実施が不可欠です。. 年3月に発生した東日本大震災。多くの企業に打撃を与え、現在までに約社が震災の影響を受けて倒産したとされています。 こうした災害の影響を最小限に抑えるためには、事業を早期に回復させるためのマニュアルをあらかじめ作っておくことが必要。そこで今回は、BCP(事業継続計画.

bcpと防災マニュアル 年2月5日 2 はじめに 防災マニュアル作成の主目的は、「命を守る」ことです。 bcp作成の目的は、「命を守る」と 「事業を守る」の二つです。 従って、bcpと防災マニュアルは似ていますが、異なる点も多くあ ります。. 前述の通りBCPの策定は法律で義務づけられたものではありませんが、BCPを導入する企業数は増加しています。これは、企業を取り巻くリスクが増加傾向にある一方、企業構造は弱体化しており、さらに外部圧力が高まって来ているという背景によるものです。 1995年(平成7年)の阪神・淡路大震災以降、日本では大地震や噴火の発生頻度が増加しており、当面はこの状況が続くと考えられています。さらに強毒性の新型インフルエンザや国内でのテロ発生など、新たな脅威の発生も指摘されています。また食中毒やリコールを初めとする不祥事を起こしてしまった場合、インターネットやソーシャルネットワークを用いて従来よりも速い速度で情報が拡散するようにもなっており、この対応も必要になります。 サプライチェーンマネジメントやジャストインタイム生産方式による供給連鎖の最適化、あるいは自社のコア業務以外を外部に委託するアウトソーシングの拡大やクラウドソーシングの活用による事業の効率化が広がっています。平時には効果がある手法ですが、どこか一カ所の連鎖が断ち切れると関連する企業全体の操業が停止するという虚弱性を波乱でいるため、自社だけでなく広い範囲でBCPを導入し全体を守る必要があるのです。 またBCPの導入は規模の大きな企業ほど積極的に行う傾向がありますが、年(平成25年)時点で大企業の七割以上が策定済み・策定中となっており、系列会社や子会社・孫会社に対するBCP導入の圧力が今後高まって行くことが考えられます。さらに年(平成24年)に事業継続マネジメントの国際規格であるISO23001が発行したことも、今後BCP策定の圧力が高まる要素となっています。. . BCP(事業継続計画)への取り組みで陥りがちな失敗に、策定完了で満足してしまい、その後の運用や改善がおろそかになるパターンがあります。BCPでは事業継続の戦略や実際に緊急事態が発生した時の対応マニュアル、対応を行うための組織体制や指示系統などを細かく定めます。しかし、こうした具体的な指針を一度決めれば対策がすべて完了したと判断するのは早計です。 どんな事業も続けていくうちに組織の事情や周囲の環境が変化していくため、BCPも内容の定期的な見直しが必要です。また従業員に対しても、実行手順について社内で再度周知したりするなどの継続的な情報共有が求められます。. 事業運用対策の洗い出し 4. 訓練、 ict-bcp の評価・改善の方針についても定める。 ICT-BCP 実行計画書 情報システムを管理・運用する課単位に、対象となる情報シ. 訓練を通じて、bcpマニュアルの実効性と改善事項を確認したい。 3.

BCPの策定サイクル ①組織体制の構築. 訓練時期、参加者、内容については、都度BCP事務局がと りまとめ、BCP統括責任者からの承認をもらうこと。 WS2-1. 机上訓練はすでにご説明した通り、会議室と参加者さえ押さえられれば実行できる簡単なものですが、ただ、より有意義なものとするために気をつけなければならない点もあります。「計画・準備」「実施」「評価」の3点に分けて説明します。 計画・準備:シナリオは具体的に 机上訓練の訓練の軸となる「シナリオ」は、訓練対象者にリアリティを感じさせるために、徹底して「具体的に」被害想定をしましょう。ただし、この作業に必要以上に時間をかけすぎるのはNG。国や自治体が公表している「被害想定」「ハザードマップ」などの既存資料を最大限活用しましょう。 実施:誤解を生まないため、説明は入念に とくに机上訓練を初めて実施する場合は、訓練対象者への説明が重要となります。まず机上訓練とはどういったものなのか理解してもらうために、運営側が具体的なやり取りを実演して、イメージしやすくしてもらいましょう。 また、机上訓練での行動が会社での評価につながると勘違いすると、意見を言えなくなったり、逆にパフォーマンスに走ったりする社員が出るかもしれません。机上訓練が、BCPの機能を確認したり、改善するためにおこなうことを周知するようにしてください。 随時、質疑応答を挟んでもよいでしょう。 評価:ふとした“気づき”を大事にする 机上訓練において、評価——振り返りは最も重要です。次回以降の訓練、そしてBCPの改善に最大限生かすためには、訓練中に現れた「課題」だけでなく、「不明点」「疑問点」など、小さな“気づき”も大事にしましょう。 「報告の手続きが煩雑な気がする」「状況付与に少し違和感を覚えた」など、実際に訓練をした人間にしかわからない“気づき”をできるだけ吸い上げられるよう、努めてください。. この机上訓練で最も学ぶ機会が多いのは、実は訓練対象者ではなく、運営する側の防災担当者です。訓練の準備段階でも、現在のBCPの様々な課題が見えてきますし、実施段階、評価段階で従業員の意見を取り入れ、さらに考察を深められることでしょう。 机上訓練を単に従業員の安全意識の向上のためと捉えず、自分の防災担当としての安全意識も向上させるためと考えて意欲的に取り組みましょう。. 災害 「災害」に対するbcpとは、様々な災害発生を想定したマニュアルを作成し、定期的に見直しを行うことや、従業員がいざというときに、マニュアルに沿った行動をとることができるように、日ごろから訓練を行うこと、有事の際に必要となる食糧や設備、連絡手段などを備えておくことです。. ・ 「荷主と物流事業者が連携した訓練マニュアル」等を活用した訓練の実施 ・ 初期段階では情報連絡体制が機能するかを確認する訓練を実施 熟 練度 が 上っ てきたら、訓 レベルを げ 実施 繰 り 返 し ステップ5 行動マニュアル等の充実・見直し. 緊急時の担当責任者の選定(最低限) それぞれの手順について見てみましょう.

② 訓練の必要性の理解 BCPや災害マニュアルを準備していても、被害の全体像を把握できずに場当たり的 な対応に終始して事業再開が遅れた結果、取引先からの信頼を失ってしまった企業 も少なくありません。. 地震防災とbcpの区別がつかない訓練 その結果bcp発動訓練が実施されておらず、 避難訓練と安否確認訓練だけになってしまった 参集訓練も重要であるが、集まってさあ何をするかが出来ていない bcp 訓練 マニュアル bcpやマニュアルはあるが、事務局だけが知っているだけ 16. ☑ 負傷者の有無を確認 8. See full list on bcp-manual. See full list on ntt.

大阪府商工労働部中小企業支援室経営支援課経営革新グループ 大阪市住之江区南港北1-14-16 大阪府咲洲庁舎(さきしまコスモタワー)25階 防災訓練は、従業員の安全確保や事業の継続などの社会的な意義から、企業が執り行うべき責務であるとされており、大企業の多くや官公庁では定期的に実施されています。 とはいえ、防災訓練の必要性は理解するものの、コストや人員体制から防災訓練の実施がなかなか難しいとする企業もあります。 しかし、実際に災害が発生した場合に、しかるべき対応を取れなかった場合に発生する損失は、想定が困難なほど莫大なものになる可能性があります。 災害による損失やリスクをできるだけ回避するためにも、企業での防災訓練は不可欠だと言えるでしょう。. 実際のBCP実行だけでなく、訓練や教育にも活用するため 3. 一般の企業に対して、BCP策定を直接義務づける法律や条令は現在の所存在しません。もちろん国や各業界団体はBCPの策定を推奨していますので、ガイドラインを策定したり支援事業を展開したりと、BCP普及のための支援策を様々に講じています。しかしこうしたサポートを受けるかどうかは企業次第で、BCPは企業が独自に導入をする経営手法のひとつとして位置づけられています。 その一方、例えば実際に大きな災害が生じた際、防災対策や避難計画が不足していたため従業員の死傷者を出てしまった場合。あるいは事業再開の計画が不十分で商品を納品できなかった場合。こうした状況が発生した場合、遺族から安全配慮義務違反で訴えられたり、取引先から契約違反を問われて違約金を請求されたりする可能性があります。BCP策定の義務はありませんが、存在しなければ困るという存在でもあるのです。. 被災シナリオ検討、本部組織構築、基本方針策定 ②重要業務の選定. 突発的なリスク発生にも冷静に対応するため 2. 事業継続啓発・訓練する 教育・啓発企業防災事業継続事業継続啓発・訓練する 事業継続啓発・訓練する被害予測の難しい災害への対応では、訓練を繰返し行うことにより対応能力を向上させることが大切です。. BCPの基本指針(最優先の事業と何のリスクに対してか)を記述 2.

机上訓練とは、BCPで検証したいあるテーマをもとに災害発生のシナリオを作成。そのシナリオに対してどのように対処するか、参加者が一室に集まって、その名の通り机の上でシミュレーションする訓練のことです。図上演習とも呼びます。 ホワイトボードやBCPマニュアル、書類や地図など、簡単に用意できるものでできる訓練のため、初めてのBCP訓練としても適しています。 この机上訓練を実施する目的は大きく3つあります。 1. ☑ 戸が再び閉まらないように近くのものを挟み込む 5. BCPを定着させるには、従業員への教育と訓練を定期的に繰り返すことが大切です。よくあるのが防災対策と応急処置としての代替手段での事業継続や平常業務への復旧作業の区別がついておらず、従業員への教育が避難訓練や安否確認のみに終始してしまう事例です。 例えばある企業では、非常時の対策として安否確認、在宅勤務の活用、データを遠隔地にバックアップすることなどをBCPで提案していました。しかし、いざ実際に災害が発生した時には、緊急時の在宅勤務用に想定していたWeb会議システムの操作方法が分からない、遠隔地サーバーにバックアップしたデータを移行するのに時間がかかるなど、運用が各所で破綻し業務継続に支障をきたす結果となってしまったのです。これは、従業員を交えてWeb会議システムを実際に使ってみる、データの移行テストを実施し所要時間をチェックしておくなど事前に訓練を行っていれば避けられた可能性があります。 このような事態を避けるために、BCPを策定したら、全ての従業員に周知徹底し各自の意識を高めるために教育を行うことが必要です。また、教育の場を設けることで現場の観点に立ったマニュアル改善要望を得られるなど、計画に関する貴重なフィードバックを受けられます。こうした周知と教育のための活動を継続的に行い、計画内容の有効性を常に確認しながら、BCP対策に沿った行動が取れる人員の養成を進めていくことが大切です。ではつぎにBCPの従業員教育と訓練の例を紹介します。 BCP対策が上手くいかない(防災対策に終始してしまった)企業と 有効性を確認してBCP対策を高めた企業. ☑ 出火を見つけたら、火災報知器を押し、直ちに可能な範囲で消火活動 3. 1.A3サイズの用紙1枚に記入(入力)するだけで完成します。(記入に必要な時間の目安:40分から1時間) 完成したら社内に貼出し、防災・減災・BCPに関する意識の共有化が可能です。 さらにシートを入力すると、従業員用携行カード(名刺サイズ)も完成します。 2.シート記載項目は、BCP策定にあたって最低限これだけは決めておくべき項目をピックアップしています。 bcp 訓練 マニュアル ・重要業務の選定と目標復旧時間決定 ・災害リスクから考えるBCPの発動条件 ・発災時の出勤・帰宅体制 ・減災の事前対策(備蓄物資、災害訓練等) ・BCP発動時の組織体制(従業員間の連絡方法等) ・BCP発動時の流れ(初期行動).

☑ 火災発生時の消火作業、消防署への連絡、避難指示(エレベータの使用中止をを指示) 4. . ☑ 負傷者の応急手当を実施 9. 防災訓練の有効性を高めるには、企業全体で防災訓練の重要性を意識し、災害時の適切な対応を共有しておくことが必要です。 パソナ・パナソニック ビジネスサービスでは、パナソニックグループが保有するさまざまな事業所で培った豊富な経験とノウハウを活かし、防災備蓄品のサービスやセミナーを行っています。防災訓練の必要性と共に、防災備蓄品の準備も必須です。ぜひ一度検討されてみてはいかがでしょうか。 1.

Bcp 訓練 マニュアル

email: bydyv@gmail.com - phone:(289) 942-7595 x 6121

Jog 整備マニュアル - ユーザー マニュアル

-> Juki hzl 010 manuals
-> 治療 薬 マニュアル 2017 電子 版

Bcp 訓練 マニュアル - Irig マニュアル


Sitemap 1

Manual diesel trucks for sale - Manual cadastro